アイシャツ i-shirt 完全ノーアイロン 【2021A/W新作★送料無料】 ストレッチ 超速乾 メンズ 長袖 レギュラーフィット ワイシャツ 3117円 アイシャツ i-shirt 完全ノーアイロン ストレッチ 超速乾 レギュラーフィット 長袖 アイシャツ ワイシャツ メンズ レディースファッション その他 i-shirt,3117円,アイシャツ,超速乾,ストレッチ,/juxtaposit876751.html,メンズ,レギュラーフィット,完全ノーアイロン,レディースファッション , その他,長袖,アイシャツ,ワイシャツ,itsthereturn.com i-shirt,3117円,アイシャツ,超速乾,ストレッチ,/juxtaposit876751.html,メンズ,レギュラーフィット,完全ノーアイロン,レディースファッション , その他,長袖,アイシャツ,ワイシャツ,itsthereturn.com アイシャツ i-shirt 完全ノーアイロン 【2021A/W新作★送料無料】 ストレッチ 超速乾 メンズ 長袖 レギュラーフィット ワイシャツ 3117円 アイシャツ i-shirt 完全ノーアイロン ストレッチ 超速乾 レギュラーフィット 長袖 アイシャツ ワイシャツ メンズ レディースファッション その他

アイシャツ i-shirt 完全ノーアイロン 2021A W新作 送料無料 ストレッチ 超速乾 メンズ 長袖 レギュラーフィット ワイシャツ プレゼント

アイシャツ i-shirt 完全ノーアイロン ストレッチ 超速乾 レギュラーフィット 長袖 アイシャツ ワイシャツ メンズ

3117円

アイシャツ i-shirt 完全ノーアイロン ストレッチ 超速乾 レギュラーフィット 長袖 アイシャツ ワイシャツ メンズ











コード:4570028059695

ブランド:i-Shirt(アイシャツ)

商品カラー: ホワイト 新レギュラーフィット 長袖カッタウェイ ストライプ M15121003601

サイズ情報:首回り47cm裄丈86cm

メイン素材: 100% ポリエステル
素材構成: 100% ポリエステル
完全ノーアイロン
ストレッチ
超速乾

発送サイズ: 高さ6.6、幅24.2、奥行き35.6

発送重量:260

商品紹介

i-Shirt(アイシャツ)は「洗ったらアイロン掛け」というワイシャツの常識を変える完全ノーアイロンシャツです。
夜洗濯をして翌朝には着ることができる「超速乾機能」、ストレスフリーな着心地を実現する「ストレッチ機能」など、着用からお手入れまでの快適性を追求しています。
生地メーカーとの共同開発により、「形態安定性(WW性)5級」を取得。「完全ノーアイロン」を実現しました。
こだわりの日本製生地はソフトなポリエステルニットで、スポーツウェア等にも使われる高機能素材。体の動きに合わせて生地が伸び縮みする高いストレッチ性が特徴で、動作時の負荷が少なく着用ストレスも軽減します。
完全ノーアイロン、ストレッチ、超速乾の機能で快適な着心地やイージーケア性に優れています。
デザインはシンプルでビジネスーシーンにも取り入れやすくさりげなくおしゃれをアピールできます。

レギュラーフィットサイズスペック
首周り37cm 肩幅:45cm/胸回り:108cm/胴回り:94cm/腰回り:101cm
首周り39cm 肩幅:46cm/胸回り:112cm/胴回り:98cm/腰回り:105cm
首周り41cm 肩幅:48cm/胸回り:118cm/胴回り:106cm/腰回り:112cm
首周り43cm 肩幅:50cm/胸回り:124cm/胴回り:112cm/腰回り:118cm
首周り45cm 肩幅:51cm/胸回り:128cm/胴回り:118cm/腰回り:124cm
首周り47cm 肩幅:53cm/胸回り:132cm/胴回り:126cm/腰回り:128cm

新レギュラーフィットサイズスペック
首周り37cm 肩幅:46cm/胸回り:109cm/胴回り:99cm/腰回り:101cm
首周り39cm 肩幅:47cm/胸回り:112cm/胴回り:102cm/腰回り:106cm
首周り41cm 肩幅:49cm/胸回り:118cm/胴回り:110cm/腰回り:114cm
首周り43cm 肩幅:51cm/胸回り:124cm/胴回り:119cm/腰回り:120cm
首周り45cm 肩幅:53cm/胸回り:130cm/胴回り:124cm/腰回り:124cm
首周り47cm 肩幅:54cm/胸回り:136cm/胴回り:130cm/腰回り:129cm


ブランド紹介

はるやま

幅広い仕入れ体制に基づく高品質 低価格の実現

1974年の設立以来培ってきた圧倒的な流通経路を
駆使し、大量仕入れや国内外の生地メーカー様との
共同開発などで素材の低コスト化に成功しました。
また実用的な機能性を生み出す仕立て、ディティール
にまで気を配ったデザインを徹底的に追及し、高品質
低価格を実現しています。

厳しい品質管理体制に基づく 安心の実現

お客様に安心してお買い物していただくために、厳しい
品質検査基準を設定しています。

取引先様との共栄共存に基づく機能性とファッション性の実現

当社は、取引先様との共栄共存を重視した経営姿勢を
貫いてきたことから、多数の取引先に恵まれ、豊富な
ブランド商品を多数取り揃えることが可能になっています。
また、仕入れ先と一体になった商品開発が可能であり、
これにより「機能性の高さ」と「ファッション性の高さ」
を同時に追求する強みを持っています。

アイシャツ i-shirt 完全ノーアイロン ストレッチ 超速乾 レギュラーフィット 長袖 アイシャツ ワイシャツ メンズ

私は、1800年代中頃に”オールド弦楽器”に学んだ弦楽器製作者が急減し、コーナーブロック部分に関する伝承は途絶えたと思っています。

その後は・・ たとえば、表板や裏板コーナーの突端部に 象嵌細工のように木片をはめ込む加工などは 重要視されなくなり今日に至りました。

しかし、これらのコーナー部分の加工を検証していくと それが 弦楽器の響きを豊かにするための仕組みであったと理解できるのではないでしょうか。

Andrea Amati ( ca.1505-1577 )   Cello,   “Charles Ⅸ ( NMM 3351 ) ”
ca.1570

例えば、このアンドレア・アマティ作とされているチェロは 比較的大きな木片が埋め込まれています。

また、アンドレア・ガルネリが製作したとされるビオラにも ハッキリとした木片を見ることができます。

Andrea Guarneri ( 1626-1698 )   Viola,   “Josefowitz”   1690年頃

同様の加工は 少し控えめの大きさですが 、ストラディバリウスでも確認できます。

Antonio Stradivari ( ca.1644-1737 )   Violin,  Cremona  1724年

また、このように木片を象嵌するのと同様な工夫に、下のガルネリ・デル・ジェズにみられるような、パフリングの合わせ部内側に三角穴を残すやり方があります。

Bartolomeo Giuseppe Guarneri ( 1698-1744 )   “Guarneri del Gesù”   Violin,   “Canary Bird”  Cremona  1743年頃

 

Bartolomeo Giuseppe Guarneri ( 1698-1744 )   “Guarneri del Gesù”   Violin,   “Plowden”   1735年

このような パフリングの合わせ部内側に三角穴を残すやり方と、木片を象嵌する加工は 併用されることが多く、ガルネリ・デル・ジェズでも 両方の加工がなされたヴァイオリンが多数存在します。

Bartolomeo Giuseppe Guarneri ( 1698-1744 )   “Guarneri del Gesù”   Violin,   “Plowden”   1735年

また、スケール付きの拡大鏡画像のように、パフリングの幅は 1.2mm前後が一般的だったと考えられますので、パフリングの合わせ部内側の三角穴のサイズが いかに繊細であるかは お分かりいただけると思います。

(  PEAK magnifying glasses 1983 10X with scale  )

Guarneri del Gesù ( 1698-1744 )   Violin,   “Carrodus”   1743年

表板、高音側下方コーナーの拡大画像

Guarneri del Gesù ( 1698-1744 )   Violin,   “Carrodus”   1743年

裏板、低音側下方コーナーの拡大画像

Giovanni Battista Guadagnini ( 1711-1786 )  Violin,  “Ex Joachim”  1775年

表板、高音側下方コーナーの拡大画像

Giovanni Baptista Guadagnini ( 1711–1786 )   Violin,
“Ex Sinzheimer”   Turin,   1773年頃

 

Giovanni Baptista Guadagnini ( 1711–1786 )   Violin,
“Ex Sinzheimer”   Turin,   1773年頃

では再び チェロの事例で、パフリングの合わせ部の木片象嵌と 三角穴を見ておいてください。

Antonio Stradivari ( ca.1644-1737 )   Cello,
“Marquis de Corberon”   1726年

Old Italian Cello ( F. 734-348-230-432   B. 735-349-225-430 /  Stop 403mm  F-F 100.2 )   1680~1700年頃

Old Italian Cello ( F. 734-348-230-432   B. 735-349-225-430 /  Stop 403mm  F-F 100.2 )

今日では、このような コーナー部の木片象嵌や 三角穴加工は 弦楽器表面の特徴なので、製作時ではなく 後世のものと考える方も多数いらっしゃるようです。

Antonio Stradivari ( 1644-1737 )   Violin,    “Auer – Benvenuti”  Cremona   1699年

そのような昨今ですが・・・CTスキャン機器により、アウアーが使用した ストラディバリウスなどが、この加工が製作時のものであることを示す状況証拠を提供してくれました。

Antonio Stradivari ( 1644-1737 )   Violin,    “Auer – Benvenuti”  Cremona   1699年

Antonio Stradivari ( 1644-1737 )   Violin,    “Auer – Benvenuti”  Cremona   1699年

この ストラディバリウス  “Auer – Benvenuti” の CTスキャン画像では 外側でなく『内部』のコーナーブロック突端部に『接ぎ』がしてあるのが 確認できます。

これらは、表板や裏板コーナーの木片象嵌や 三角穴を残す加工と同様な工夫である可能性が高いと考えられます。

Detail of a back corner of a “Golden Period Stradivari”.

Francesco Stradivari corner and purfling with some black mastic.

検証の結果、私は このような加工は コーナー部に “自由端的”な役割をもたせるための工夫であったと推測しています。

 

 

●   コーナー部側線角度の自由さは どこからくるのでしょうか?

 

 

2021-10-08         Joseph Naomi Yokota